安全への取り組み

名称未設定-2

 

安全対策と教育研修

安全対策として日々意識向上に努めております。(以下は実施内容の一例)

 

名称未設定-41

緊急時の応急救護教育(協力:南九州市消防署)

応急救護教育ではドライバーのみならず全社員教育を実施。

名称未設定-5

ドライブレコーダーを使用したヒヤリハット実例。

ドライバーのみならず全社員で取り組み、安全に対する意識を高めています。

名称未設定-6

外部講師(ロータス菊永、整備士:室屋様)を招き、点検方法の指導

名称未設定-7

タイヤメーカーを招き、タイヤ点検方法の指導

名称未設定-8

冬季積雪時の対応方法

名称未設定-9

事故発生時、後方非常口の案内・操作方法

名称未設定-10

バス装備消火器の使用手順指導(協力:指宿消防署)

自社制作リーフレットにて、バス車内各座席にシートベルト着用案内促進。

乗務員からの着用案内はもちろんですが、お客様自身の安全のためにもシートベルト着用ご協力お願いしております。

 

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは

名称未設定-32

このマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるよう、安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークです。
「SAFETY BUS」(セーフティバス)は、安全に対して弛まぬ努力をし続けているバスを意味します。

バスドライバー健康管理体制について

■定期健康診断の実施のほか、健康指導を実施しています。
■アルコールチェックの厳格な運用と管理
出庫時、帰庫時は必ずアルコール検知器を活用し厳格に運行の可否を決定しています。また観光バスは宿泊をともなう場合がございます。その場合でも、弊社ではモバイルアルコールチェッカーシステムを利用し、遠隔での場所でも数値・写真データを運行管理者が確認し、安全な運行ができる万全な体制を敷いています。
■眠時無呼吸症候群(SAS)検査の実施
弊社では睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査を実施しています。