運行管理体制

IMG_2512

運行前にドライバーに注意事項等を指示する

統括運行管理者 新屋 進一郎(写真左)

◆平成29年12月1日より、運行管理者の必要選任数が営業所ごとに最低2人に変わります(国土交通省より)

※運行管理者とは「事業用自動車の運転者の乗務割の作成、休憩・睡眠施設の保守管理、運転者の指導監督、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示など、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行う者」で、国家資格を有する者です。

●南薩観光での運行管理者選任数、2017年1月現在 5名(内、統括を含む)

●運行管理者の補助者選任数、2017年1月現在 4名(運行管理補助者とは運行管理者証の交付を受けた者又は国土交通大臣が認定する講習修了者)

南薩観光では、管理者側はもちろん事務作業していただいるスタッフ様やドライバーの皆さんにも、安全意識向上・各法令基礎知識学習のため国土交通大臣が認定する講習を受けていただいております。

名称未設定-1安全方針社内掲示

◆安全な運行を確実にするために

IMG_0111 IMG_0112

●弊社所有貸切バス全車デジタコを装備。 GPSにて現在地、現在走行速度、連続運転時間の確認、急ブレーキ等の有無などの「安全」を事務所側で「見える化」し、安全性一層の向上に役立てております。

IMG_0114

IMG_0119

●対面点呼の様子。対面でできない乗務員の宿泊を伴う遠隔地での点呼も、モバイルアルコールチェッカーを用いて確実に行います。

IMG_0121

●貸切バス全車にドライブレコーダーを装備。万が一の事故や、ヒヤリ・ハットのドライバー指導に役立てます。

また、国土交通省より貸切バス事業者の安全情報が公開されています。全国の貸切バス事業者安全情報をもとに、鹿児島県下バス事業者を絞り込んで整理しましたので下記画像をクリック・エクセルデータをダウンロードしてご確認ください。(2017年1月現在)

エクセルデータ

 GSE.corp南薩観光は法令を遵守した「貸切バス安全性評価認定制度事業者」です。

safetybus2-480